キジバト   B1.高台緑地の鳥  ・・・ Ueda鳥見 く ら ぶ 上田昭夫

     ・・・ 記録 ( 1992年07月〜2018年09月 ) : 256、3790


 種類ごとの上位記録の出現(集計)件数率           出現種74種

 アオゲラ,  アオサギ,  アオジ,  アオバズク,  アカハラ,  アトリ,
 アマツバメ、イソヒヨドリ, イワツバメ, ウグイス, ウソ, エゾビタキ,
 エゾムシクイ,  エナガ,  オオカワラヒワ,  オオタカ,  オオヨシキリ,
 オナガ, カシラダカ, ガビチョウ, カルガモ,  カワウ, カワセミ, カワラヒワ,
 キジ, キジバト, キセキレイ, クロジ,  コガラ コゲラ,
 コサギ, コサメビタキ, コジュウケイ, コムクドリ, サメビタキ, シジュウカラ,
 シメ, ジョウビタキシロハラ, スズメ, センダイムシクイ, ソウシチョウ,
 ダイサギ, タヒバリ, チョウゲンボウ, ツグミ, ツバメ, ツミ, ドバト,
 トビ,  トラツグミ,  ノゴマ,  ノスリ  ハイタカ  ハクセキレイ
 ハシブトガラス ハシボソガラスハヤブサ、 ヒメアマツバメ, ヒヨドリ,
 ヒレンジャク,  ビンズイ, フクロウ、ホオアカ, ホオジロ, ホトトギス, マヒワ,
ムクドリ, メジロ, メボソムシクイ, モズ, ヤマガラ, ルリビタキ, チメドリsp?,

              【B1-1.高台緑地の出現の進移】 へ

 経年比較 2008/09  2009/092010/092011/09
          2012/092013/092014/092015/09
          2016/092017/092018/09


 先月までの集計では、最多出現種のスズメを100%とすると

80%以上が7種、60%以上では11種あり、他の地区に比べると

少ないです。

                                                  [画像説明]に戻る

【次頁 B2.】 【出現のTop】      B4.三地区の鳥 B4-2.三地区の記録]B5.鳥合わせ記録]へ戻る





          B1-1. 高台緑地の野鳥出現の推移 
   左側軸の値は高台緑地の最多出現種のスズメの件数を100とした時の値(出率)です。
 * 下側の時間軸に不明と表示されるのは、最多出現種の記録回数が6回(ヶ月)未満/年の場合です。その不明年月の出率の値は前後の年月の平均値です。      ・・・以後、同じです。

   @ シメは近年、出率が下がっているようです。 A ヤマガラは毎年、出るとは限りません。当初はかご抜けとも考えましたが、複数羽であることと、親と幼鳥も出て、テリトリーの変動だと考えます。 B ウグイスの5、6月は育雛の巣に他のオスやカラス等が近づいた時の警戒伝達の谷渡り鳴きが目立つ頃で、9月頃は育雛も終わりテリトリー宣言も必要なく、目立たない時期です。
                                【高台緑地の鳥】のTop に戻る